目指すもの

人にはそれぞれ個性があり、長所・短所があります。アイキューブでは、弱点を修正することはもちろんですが、長所を伸ばし、その長所を活かして仲間の弱点を補うことを大切にしています。また、長所(個性)を活かすことは、社員の自己実現にもなると考えます。社員がお互いの長所・短所を認め合い、助け合う中で企業の質を高めていきます。しかし、お互いの長所・短所は知らないと補いあえません。お互いの事を知るためには良いチームであることが必要です。全員が常に自分の個性を活かし、最高のパフォーマンスを発揮するために、私たちは最高のチームを目指します。

年1回社員全員で研修旅行に行きます。仕事の事は忘れ、役職などに関係なく、コミュニケーションを図っていきます。また、研修では主にチームビルディングを行い、普段とは違う新鮮な環境の中で、社員間のコミュニケーションを醸成しています。

毎年9月は、ホテルを借りて盛大に社員総会を開催します。社長が将来のビジョンを述べ、続いて、幹部社員が各部署の方針を発表します。そのビジョンを共有することで社員のモチベーションも上がります。社員が投票して選ぶ社員表彰のほか、新人賞や社長賞、MVPなどが発表され、1年間の努力をみんなで称え合います。

「エリアや役職を越えて、同じ趣味の下、コミュニケーションを図りたい」という想いから、今年から部活動が始動しました。バスケ部・野球部・囲碁部・ゴルフ部などオーソドックスなものから、知の探検部・海人、山人部などバラエティに富んだものまであります。リラックスした環境の中で、チームワークを醸成していきます。

アイキューブではスタッフ同士の職場を離れたコミュニケーションを大切にしています。それは、校舎では言えないこと、会議室では言えないことも、ざっくばらんに語り合える場があることで一つになれるからです。また、部所長が中心となり、毎月1回の食事会や飲み会を開催しています。チームワークは仲間との信頼関係から。仕事での悩み相談や、やりたいことを語り合う大切な場になっています。

アイキューブでは「仕事は楽しく真剣に!」行うことを大切にしています。それを体現している一例がこの【ガチャ制度】。誰もが子どもの頃に回したことのあるあのガチャガチャがモチーフになっています。社員は部活動や飲み会、エリアでの研修風景、結婚、出産などの嬉しい出来事を社内の専用掲示板に投稿して全社に共有します。その投稿に集まった「いいね」ポイント数に応じて9月の社員総会で抽選が行われ、当選者は豪華商品が当たる「ガチャ」を回すことができる、という仕組みです。社内の積極的なコミュニケーションを奨励し、福利厚生に遊び心を加えつつ、社員に還元することができる、アイキューブ自慢の制度です。

年2回、本社に全社員が集結して行われます。いずみ塾、ベルーフアカデミー、東進衛星予備校の各ブランドを超えて意見交換を行ったり、会社の方針をかっ達に話し合う場としています。これまでにも、日々生徒や保護者の皆さんと接する基本指針となる「教育目標」などを策定しました。普段は見られない社員の一面に触れることで発想も協調性も広がるという観点から、私服での参加としています。