次代を担う子どもたちに、学ぶ楽しさと喜びを伝えたい。

自分の持っている力より少し難しいことができた瞬間、子どもの目は輝きを増します。「できた」「わかった」と感じた瞬間、子どもの学習に対する意欲は大人の想像の域をはるかに超えて大きくなります。各世代の子どもたちそれぞれが興味と関心から「知りたい」気持ちを広げ、そうした想いを積み重ねて「学ぶことの大切さ」を感じられるサポートに私たちは全力で取り組んでいきたいと考えています。

学習塾管理運営事業

いずみの塾

楽しく学び、『いきぬく力』を育てる。

私たちは、生徒との信頼関係の構築を最優先に行います。塾生には「ああ、今日は塾の日か・・・」という気持ちで来塾するのではなく「よし!今日は塾の日だ。ちょっと早めに行って自習しよう」と、前向きな気持で来塾して頂きたいと考えています。
「楽しく学ぶ事」を最良の手段として、成績向上、志望校合格、そしてその先も幸せな人生を歩んでいってもらうために。
私たちが関与できる時間は限られていますが、関わりの中で、努力が結果に繋がる経験を積み重ね、 将来に渡りいずみ塾での経験を大切にして欲しいと願っています。

いずみ塾 ホームページへ>>

ベルーフアカデミー

自ら学び、挑戦し、『新』を創り出すひとを育てる。

Berufとはドイツ語で「天から授かった職業」という意味です。関わる生徒一人ひとりに自分の天職をみつけ、努力によって実現し、社会に貢献してほしいという願いが込められています。 子供たちが社会に出たときに、壁にぶつかったときに「自分ならできる」と、困難に立ち向かっていってもらうためには、成功体験が必要です。学年で、クラスで、科目で、または自分の中での1番を達成することで、常に努力・挑戦を続ける強い気持ちを育むことができると考えています。 「ひと」を育て、「社会」に貢献することが、私たちの‘BERUF’

ベルーフアカデミー ホームページへ>>

東進衛星予備校

実現します! 一人ひとりの合格設計図。

皆さんはnoblesse obligeという言葉を聞いたことがありますか?
人は誰しも何がしかの形で社会に貢献する責任と義務があるという意味のフランス語です。東進衛星予備校は単に大学に合格することだけが目的の予備校ではありません。
何のために勉強をするのか?何のために大学に入るのか?将来どんな人生を歩みたいのか?どんな社会貢献ができるのか?そんなことを一緒に考えたり、勉強の本質を見極める場でもあります。夢の実現に向け、東進では一人ひとり「合格設計図」を作成し、実現させていきます。やるべきことを明確にしそれを実行に移す。我々のミッションはそれを手助けしていくことです。

東進衛星予備校 ホームページへ>>

小学部

「大切なとき」だからこそ、学ぶ楽しみを実感してもらいたい!

初めてひらがなが読めた時のことを覚えていますか?
初めて小学校で教科書をもらった時のうれしさを覚えていますか?
学ぶこと・新しいことを知ることの喜びは、全ての子供たちが同じはずです。
そんな時期の子供たちと関わり、興味と関心の芽を大きな幹に育てていくのが小学部です。
小学部では様々なコースを設定することで、年齢やニーズに合わせた指導を行っています。そしてそのすべてのコースで、エネルギッシュで好奇心旺盛な子供たちが、一つでも多くの「学ぶ楽しみ」を持ち帰ってもらうことが我々のミッションです。

いずみ塾 ホームページへ>>

家庭用教材販売事業・子育て支援事業

FN事業課

「ファミリーネットワーク事業部」のミッション

  1. ネットワークによる母親支援

    約300名の母親が参加する「学習スタッフ会」を開催し、地域の教育情報や子育てのノウハウについて学び、共有しています。また、地域子育てイベント「さくらさーくる」を県内6会場にて開催し、未満児を持つお母さんを応援しています。

  2. 家庭学習の支援

    「家庭学習の確立」を支援する活動として、「親子の共同学習」「自ら学ぶ習慣作り」「学力向上」を、月刊ポピーを通して応援しています。また、「ほめる・認める・表彰する」ことで、子どもたちのやる気を引き出す「花まるクラブ」や、保護者向けの「子育て学習会」を開催しています。

いずみ長野支部 ホームページへ>>