セミナー開催「子どもたちに必要なこれからの教育」

アイキューブ主催の地域教育セミナー「子どもたちに必要とされるこれからの教育とは」は7月1日、長野県諏訪市文化センターで開催しました。
長野県諏訪エリア対象の開催で、前・諏訪清陵附属中校長の石城(いしがき)正志先生をお招きして、当地域の教育の現状とこれからの展望、そして実情を通して家庭や地域で取り組めることをテーマに、トークを展開しました。保護者代表として1名壇上に上がっていただき、いずみ塾のスタッフの雁木、同塾長の宮澤を交えてセッション形式で進行。中学受験希望者だけでなく、小中学生のお子さんを持つ保護者の皆さま100名以上にご参加いただきました。

社会情勢を交えつつ、子どもたちが大人になる頃の社会を資料をもとに俯瞰。そして昨今の教育改革に見られる動きを紹介しながら、今後求められる人物像をひもといていきました。
また知識偏重から思考力を育成する方向にシフトしていく様子とともに、“自分の頭で考える力をつける必要性”を解説。入試の問題がそうした作問内容に変わってきている動きを、実際の問題のサンプルを通して披露しました。

石城先生は、学校(または塾)に対しても、「次の時代に求められる教育を与えてほしい」と要望しつつ、「ユニークな人材育成のためには、均一な集団ばかりではダメ」などとして、諏訪清陵附属中の「先取りをしない」中高一貫の特徴も紹介し、こうした選択肢を有効に活用してほしいと訴えた。
宮澤も「諏訪の地に公立の中高一貫校があるのは大きなメリット。子どもたちがこれまでとは違う未来を生きていける力がつけられる取り組みができる機会が広がれば」と展望を語った。
アイキューブでは今後も、各地で同様の催しが開催できればと考えています。

2018ドリームマッチ ママさんバレーボール大会開催!

アイキューブ(いずみ塾)が協賛させていただいている諏訪湖周辺ママさんバレーボール連盟主催の「ドリームマッチ ママさんバレーボール大会」がことしも盛大に開催されました。会場は下諏訪町南小学校体育館で、今回で第5回目となります。
岡谷市、下諏訪町、諏訪市、茅野市、原村、上伊那の各地から13チームが参加し、トーナメントで熱戦を展開。日頃の練習成果を存分に発揮しました。選手は20代~70代まで幅広く、普段から練習しているとみえてみなさん躍動的でした。
今回は参加賞として、いずみ塾のキャラクター「いぬみ」デザインのタオルをご用意しました!みなさんに喜んでいただけてよかったです。
これからも、そしてそのほかの地域の活動も支援していきたいと思います。

全社ミーティング&運動会を開催 2018.5

21日、長野県茅野市の総合体育館を会場に、全社ミーティングを開催しました。年に数回ですが、百人を超える社員が一堂に会する貴重な機会。今回は期の変わり目(6月から次期)という時期でもあり、来期以降の社の方針などが矢崎代表から語られました。
なぜ、会場が体育館だったのか…。それはミーティングのあと、第1回運動会が行われたからです!幅広い年代が在籍していることもあり、準備運動は念入りに。しかし普段は見られない姿や意外な運動神経がかいま見られ、めったにない交流の場となりました。6チームに分かれた対抗戦で行い、障害物競争、ムカデリレー、綱引き、大なわとび、選抜リレーなどの競技で盛り上がりました。
競技後は近くの広場でバーベキュー大会をして、1日を慰労。充実したひとときで、翌日からの英気が養えたことでしょう。
(…のはずでしたが、翌日出勤の社員はもれなく筋肉痛となり、余韻の残る数日となりました)

「週刊すわ」4月6日号(2018)中学受験特集でインタビュー記事

「週刊すわ」(毎週金曜日発行・発行部数48,000部)は、信濃毎日新聞社が諏訪周辺の7市町村で発行するタブロイド紙。同紙4月6日号終面で中学受験の特集ページがあり、アイキューブが運営する学習塾、ベルーフアカデミー上諏訪駅前校の岡島真希校長が取材を受け、インタビュー記事として掲載されました。
中学受験の現状を解説し、これからを展望しながら、受験志望のご家庭においてお子さんが気を付けること、親御さんが留意することなどをわかりやすく紹介しています。ぜひご一読いただき、中学受験をお考えの際はご相談ください。

ことしも入社式を開催。

4月2日、アイキューブは入社式を行いました。
新しく加わったメンバーは、新卒、中途含め15名。新たな環境で迎える初日だけが持つ緊張感と期待感で、みなとても新鮮な表情をしていました。辞令交付に続いて1人ひとりの決意表明があり、その中で自分の言葉で目指す目標などを披露する姿は、新メンバーを迎える側にも気持ちをリセットするきっかけとなったひと時でした。
途中、中継をつないで、ベトナム校舎のスタッフたちと顔合わせ。グローバルな展開への自分の関わりなどにも思いを馳せられたことでしょう。今後のアイキューブの躍進にご期待ください。

会場をお貸しいただいたカフェ・アンダンテ(茅野市)の皆さま、今年もありがとうございました。

2019年卒 採用活動スタート!!

・‥…─*・‥…─*・‥…─*・‥
 【限定開催!】プレミアム説明会
・‥…─*・‥…─*・‥…─*・‥
代表、現場社員が参加。リアルなメッセージが聞ける!
更に筆記試験免除&二次選考書類「トリセツ」作成ワーク実施!
期間・回数限定のプレミアム説明会をお見逃しなく!

・3/ 9(金)…13:30~16:30/新宿三丁目貸会議室 T&Tビル4F(東京都)
・3/14(水)…12:00~15:00/ベルーフアカデミー長野校(長野県長野市)
・3/20(火)…13:00~16:00/ベルーフアカデミー松本駅前校(長野県松本市)

・‥…─*・‥…─*・‥…─*・
 合同企業説明会 参加情報
・‥…─*・‥…─*・‥…─*・
弊社のブースカラーは【ブルー】です♪

・3/ 5(月)…11:00~16:00/メトロポリタン長野(長野県長野市)
・3/12(月)…13:00~17:00/新宿NSビル 地下1階中展示ホール(東京都)
・3/13(火)…12:00~16:00/ホテルブエナビスタ(長野県松本市)

・‥…─*・‥…─*・‥…─*・

\2019年卒 採用活動スタート!!/

エントリー・説明会のご予約は【会社HP】または【マイナビ2019(3/1~)】から!
http://i-cube-education.jp/icube2/company_session_list/
https://job.mynavi.jp/19/pc/search/corp88328/outline.html

長野・山梨を中心に学習塾「いずみ塾」「ベルーフアカデミー」「東進衛星予備校」を展開する、
(株)アイキューブ。

学習塾での『教育』というと、あなたは何をイメージしますか?
勉強を教える“だけ”というイメージが大きいのではないでしょうか。

もちろん、生徒の学力向上に力を入れていますが、私たちは生徒の人間力向上にも注力しています。
次世代を担う子ども達の10年・20年先まで続く「自信」
すなわち「いきぬく力」を育てています。

教育に携わって40年の私たちは、ルービックキューブのように
様々なカラー=個性の集合体。
そんな私たちだからこそ、やります!個性を生かして働く為の「トリセツ」採用!!

・‥…─*・‥…─*・‥…─*・
 「トリセツ」採用とは…?
・‥…─*・‥…─*・‥…─*・

せっかく入社をしてもらうからには、自分の強みを存分に生かして、楽しく仕事をして欲しい。
そんな思いからこの選考を決断しました。
123人の仲間が持つ、123種類の個性が集まって1つの会社を創り出しているアイキューブ。
だからこそ、あなたがどんなひとなのか、強みも弱みも「トリセツ」にして教えていただけませんか?
あなたの個性を、能力を、最大限に引き出します!

・‥…─*・‥…─*・‥…─*・

◇教育に興味がある、教育を変えたい方
◇「人」と接するのが好きな方
◇生徒の人生に関わりたい、夢を一緒に叶えたい方


会場で私たち、人事採用担当がお待ちしております!
お気軽にお越し下さいね♪

「Monthly」2月号(2018)にアイキューブが掲載

日経BP社が発行する経営者クラブの会報「Monthly」にアイキューブが掲載されました。
同社は「日経ビジネス」等を発行しており、同会報は月刊冊子で、中堅中小企業向け雑誌「日経トップリーダー」の読者や地方銀行の「経営者クラブ」等を通じて中堅企業のオーナー等に配布されています。配布部数は3万2000部。
コンテンツの中に「発見!元気印企業」という注目の企業(伸びている中堅企業)を紹介する見開き2ページのコラムがあり、そこでの登場となりました。「はばたく中小企業300社」でアイキューブの存在を知ってもらえたようです。

 

NBS「特報!ビジナガ」にアイキューブが登場!

1月3日、NBS長野放送にて放映された経済バラエティ番組
「県内企業をスクープ!特報!ビジナガ」にて、アイキューブを取り上げていただきました。
番組では徹底取材した県内企業10社の情報が放送され、特に就活生必見の内容となっております。

下記URLよりアイキューブの映像を見ることができますので、是非ご覧ください!
https://www.youtube.com/watch?time_continue=3&v=MNzPIqr__K0

通信制高校のサポート校を開校

アイキューブは今春から通信制高校のサポート校を開校します。千葉県に本校のある中央国際高校の指定サポート校「信州中央高等学院」として、県内の不登校等に悩む生徒たちを支援できればと考えます。

長野日報の1月8日付2面、信濃毎日新聞の1月12日付4面に記事掲載していただきました。